今回はSNSで感じてしまう劣等感の対処方法について話していこうと思います。

あなたはSNSで劣等感を感じてしまうことはありませんか?

インターネットが普及し、ラインやツイッター、インスタグラムなどのSNSを通じて気軽に個人の情報が発信できるようになりました。

その一方で、他人の投稿を見る事で「自分と他人を比較してしまう」「投稿を見て不安になる」そういった気持ちになる人も増えています。

SNSは本来、日頃の生活を便利にするためのもので、他の人と比較したり不安な気持ちになるものではないので、それらの気持ちを解決する方法について一緒に考えていきましょう。

劣等感とはどんな感情?

まずは劣等感について考えてみましょう。

劣等感は「自分と他人を比較して出てくる感情」と思われていますが、自分の理想や目的を達成している自分とのギャップから湧いてくる感情が劣等感だということです。

もう少し、詳しく説明していきましょう。

自分と他人を比べてしまうのはなぜでしょうか?

それは、「自分自身が理想や目的を達成できていないから」です。
自分がなりたい自分になっていたり自信を持っていればそもそも他人と比べることもなく劣等感という感情も生まれません。

そうした意味がわかってくれば、劣等感はマイナスな感情ではなく、これから理想の自分になるために必要プラスの感情だということです。

劣等感についての記事はこちら→劣等感を感じる原因と克服する方法について

他人と比較しない

現在、SNSで劣等感を感じるのは過去に他人と比較され辛い思いをしてきたのかもしれません。

しかし、そのような劣等感を感じるということは他人の価値観の中で存在するということになります。

育った環境や体験が違う他人と自分を比較することはありません。

他人が他人であるように「あなたはあなた」です。

どうしても他人と比べてしまうのであればその辛さや不安を乗り越えるために理想の自分をイメージしてみてください。

そのイメージに必要だと思う事を一個ずつ行動することで理想の自分に近付いて行くのと同時に自信もついてくるので、SNSで劣等感を感じる事も少しづつなくなっていきます。

辛いと思ったらやめてみる

SNSをみることで劣等感を感じてしまい、どうしても辛い気持ちになったり不安になたっりして苦しいのであれば、SNSを止めてみるというのも一つの選択です。

辛い気持ちや不安な気持ちはモチベーションの低下や、感情的になりやすくトラブルのきっかけにもなるかもしれません。

そういった状態を避けるためにも一度SNSとの距離を置くことも考えてみる。

はじめのうちはSNSを見ることが習慣化しているので気になって仕方がないと思いますが、SNSを見ている時間をこれからの自分にに使うことでSNSを見る回数も減っていくでしょう。

そうしていくことで理想の自分に近づき、他人と比較することもなくなっていきます。

自分の感情を理解する

自分が感じている感情を理解することでどういった行動を起こしていけば、その感情を軽減していくかがわかってきます。

なぜ辛い思いや不安な感情になってしまっているのかを考えてみる

単純なことですが、深い理解をしなければ根本的な解決にはならないと思っています。

例えば、不安を解消したいと思っても、どんな不安を解消していくかがわかっていないと途中で諦めてしまうかもしれません。

不安になったから悩むのではなく、不安にならないようにするにはどうするか

どういった時に不安になるのか、不安がなくなればどんな自分になれるのか、不安がなくなった時の感情はどうなのかを理解することでなりたい自分に近づくことができます。

心の声を大切に

心の声は「思い」
本当はどうしたいのかは自分自身がよく知っているはずです。

「思い」は自分自身にしか聞こえない大切な感情

とは言っても羨ましく思っている相手や関心に対して誹謗中傷などを進めるわけではありません。

そういった事をしてしまうと自分自身が短期的には満たされとしても、長期的に見た場合、罪悪感や自己嫌悪になってしまうので、「自分を苦しめるような思い」は行動にしないほうがいいでしょう。

自分を苦しめるような心の声ではなく、「自分自身を成長させる心の声」を大切にしてみてください。

そうしていく事で、劣等感が少なくなっていき
自分自身にとって後悔しない生き方を選択することができるようになっていくでしょう。

今回の記事のポイント

1、SNSは生活を便利にするためのツール
2、劣等感は、理想の自分になれていないギャップから来る感情
3、他人は他人であるように「あなたはあなた」
4、不安を感じたり、辛いならSNSをやめるのも選択の一つ
5、なってからの対処ではなく、ならないためにはどうするか
6、自己成長のための「思い」心の声を大切に

さいごに

私も以前はSNSを頻繁に見ることでなりたい自分とのギャップに苦しんでいました。

そうしていくうちに思ったのが、SNSを見て他人と比べる時間より自分自身を成長させるために時間を使ったほうが理想の自分になれるという事実です。

そのように思ってからは、SNSで他の人が投稿しているのを見ても、羨ましく思うのではなく自分もやってみようと思うようになり、最初の一歩を踏み出しやすくなりました。

今は他人と自分を比べてしまったりして不安や辛さを感じてしまうかもしれませんが、そうならない行動をしていくことで理想の自分にも近づいていき、他人と比べない自分になっていくので、「自分を成長させる行動」をしてみてください。