このページに来てくれてありがとうございます^^

紙に書くといいと一度は聞いたことがあるかもしれせんがイマイチ効果がよくわからない人もいるかもしれないので、
今回は紙に書く効果について私の経験も踏まえてお話ししていこうと思います。

効果はあるのか

紙に書くことに効果があるのか似ついての疑問に私が答えるとしたら、私はあると答えます。

その理由としては紙に書くことは形に残すことなので、思ったことを忘れやすい人間にとって紙に書くという形に残すことは
思ったことを忘れることなく意識を向けるきっかけにもなるからです。

私はネットビジネスを始めた頃に様々なことを学んでいく中でよく紙に書くといったことを進められてきましたし、
読んだ本にも書いてみることが必要だと書かれていたのですがイマイチ効果があるのかが疑問で最初は書くことをしませんでした。

しかし、人の記憶に関することなどを調べていくうちに紙に書くことは効果があり、大切なことだと知ってからはいつもメモ帳やコピー用紙を持ち歩き
いつでも書くことができるようにしていきました。

その行動をしてから、これまでのメモを見ることで新しいアイディアが浮かんだりしているので紙に書くことは効果があると実感しています。

視覚の情報は重要

人は情報のほとんどを視覚を通して認識しています。
紙に書くと視覚的に見ることができるようになるので、最初の頃は忘れてしまったとしても目につくところに貼っていれば思い出すことも増えますし、
メモ帳に書き溜めているのならば暇なときに少しでも見ることで効果があります。

視覚を利用することで覚えたことを忘れてしまっても思い出すことができるので、誰にでもできる行動の一つです。

記憶の定着

書いた内容を繰り返し見ていくことで最初は忘れていたことが、
記憶に残るようになり、
これまで書いたことをつなぎ合わせることで新しい考え方も生まれやすくなります。

記憶に定着させるということはやがて自分の言葉で伝えることができるようになるため、話すのが苦手な人にも効果があるのではと私は思っています。

習慣を生み出す

紙に書き出し覚えていくとそのこと自体が習慣化していき、あなたの成長速度が飛躍的に伸びていく可能性が高くなります。

成長速度は個人差があり、最初はめんどくさいかもしれませんが続けていくうちに生活の一部となってくるので、自然になってきます。

この生活の一部になる状態になると紙に書くことが習慣化している状態なので、紙に書くことで効果を実感することもできるよになっていくでしょう。

さいごに

紙に書き出すことは何か行動を起こすときに初心を忘れないようにするために試してみて欲しい行動です。
人は覚えたことのほとんどをその日のうちに忘れてしまいますが、その忘れてしまったあなたの記憶にはあなたの人生を変えるきっかけがあるのかもしれません。

そういったきっかけを忘れないためにも紙に書き出してたまには思い出すのもいいと思います。

最後まで読んでくれてありがとうございました^^