このページに来てくれてありがとうございます^^

自信がない
そう思ったことがある人は多いかもしれません
私は学生の時は自信があったのですが社会人になるにつれてどんどん自信を失っていきました。
しかし、自由に生きると決めた時に自信がなくては人の目線が気になることに自分なりに気づいて少しづつ自信を持つことができた方法を話していこうと思います。

言葉を変える

自信を持つ方法として一番はじめに私が行動に移したのは言葉を変えることでした。

言葉はいつも発しているので、意識的に変えることで自信が持ちやすくなります。

方法としてはまずはじめに、あなたが普段使っているネガティブな言葉と心の中で思っている言葉を紙に書き出します。

例えば、

今日はしんどかったと言ってしまうのであれば、今日も私はよく頑張った
今月お金がないなと思った時は、お金を稼ぐためにはどんな方法があるんだろう
嫌なこと言われた時に相手を否定してしまいそうな言葉が出そうになったら、相手は本当に伝えたいことはなんだったんだろう

といったように自分にとってプラスになるように言葉を使うことで少しづつですが自信を持てるようになってきます。

考え方を変える

言葉を変えることが慣れてきたら自然と考え方は変わっていきますが、もう少し意識的に考えることで、イライラも治まってきて起こりにくくなるので、
言葉を変えることが慣れてきたら、考え方も変えていくように意識してみてください。

考え方は起きている現象の見方を変えることで、実践しやすくなります。

本来、物事はにいい出来事か、悪い出来事かといった物は存在しません。

全てはあなたの考え方を通して物事をとらえているため、いいか悪いかを判断しているので見方を変えるようにしていくことで、イライラを少なくしていきます。
そうすると、冷静な判断ができる時間が増えるので、結果として自信がつきやすくなります。

嫌われてもいい

他の人と自分を比べてしまうと、自信を失ってしまう人も中にはいますが、私も以前はそんな面もありました。

嫌われないように思いを隠し、言葉を選び、自分を犠牲にすることがいいことだと思っていました。

しかし、嫌われてもいいと思って、自分のしたいことをやっていくうちにどんどん自信を取り戻すことができるようになったのです。

勘違いして欲しくないのが、嫌われてもいいと言っても嫌われるようなことを進んでやることではありません。

嫌われてもいいと思うことで、相手と比べること出自信を失わないために嫌われてもいい覚悟を持つと言う意味です。

自分を満たす行動

自信は自分を信じることだと私は思います。

自分を信じるためには行動の積み重ねによる結果があなたの自信に繋がると思います。

行動とはすぐに目に見えて変化できる物とそう出ない物がありますが、続けていくうちに慣れてきて、やがて習慣化していきます。

そうして、どんどん行動を起こしていくことで自信が持てるようになります。

さいごに

植えた花がすぐに綺麗な花を咲かせないようにすぐに結果は出ません。

少し目が出たからといって刈り取ってしまうのではなく少しづつでも行動して、自信を育てることが大切なのだと私は思います。

もし、行動ができないのであれば行動できる方法を考えることです。

私は行動を続けることができなかったので、変えたい行動によって習慣カレンダー作りました。

日数と自分が行動を起こした結果どうなるかを書ける場所を作った簡単な物ですが、目に見えて効果を発揮しました。

最初から自信がある人はそうはいないと思いますが、行動を起こして積み重ねることで自信はつくようになります。

最後まで読んでくれてありがとうございました^^