このページに来てくれてありがとうございます^^

なかなか思うよう結果がでない、決心してもなかなか続かない
こういった悩みを思った方も多いの出はないでしょうか。
今回は結果と行動について話していこうと思います。

何をしたいかを考える

はじめにやりたいことを決め、そのやりたいことを紙に書き出します。
やりたいことが決まったらその目的に必要な目標を書き出して行動に移していきます。
何をしたいかがはっきりしていると目標が明確になり、どんな行動が必要なのかがわかってくるので結果として、
成功率を上げることができます。

結果を見ると挫折しやすくなる

はじめのうちはすぐにうまくいくと理想の結果を求めてしまいがちですが、理想が大きければ大きいほど、思うような結果が出なければ、
挫折しやすくなります。
そういったことが起きないように結果ではなく行動に焦点を当ててほしいのです。
そうすることで、少しづつかもしれませんが目標をクリアしやすくなり、目的という結果が近づきてきます。

視覚で行動記録をつける

行動をしていく時にオススメの方法として、行動記録をつけた方が行動を続けやすいので自分なりにで構わないので、
行動記録をつけていく習慣を続けてみてください。
記録を続けていくことで達成感を感じることができるのでモチベーションの維持にもつながります。

行動の積み重ねが結果になる

結果とは行動の積み重ねによってしか得られないものだと私は思っています。
私たちはこれまでの行動によって今という結果があります。今自分の思った結果が得られていないのは過去の自分が積み重ねてきた結果ということを改めて認識すると、
これからの行動の積み重ねが未来の結果につながることがわかってきます。
見えない行動や未来に最初は不安を覚えるかもしれませんが、行動を積み重ねていくことで結果につながります。

さいごに

結果は行動によって生まれるものなので、行動に焦点を当ててみてください。
これはどの行動にも共通していることだと言えるでしょう。
理想の結果と現実のギャップが大きければ大きいほど挫折感を感じてしまうかもしれないので、行動して結果が望むものではなくても
修正して次の行動に移して体験することで自信もついてくるので一つ一つの行動に焦点を当ててみてください。

最後まで読んでくれてありがとうございました^^