不安やストレスはどう対処していくか?
毎日の生活においてそういった感情を持つこともある方も多いのではないでしょうか。

不安やストレスはマイナスなイメージをもたれやすいですが、自分の感じている感情を理解していくだけで、これまでとは違ったイメージになるかもしれません。

今回はタイトルにもあるように不安やストレスの向き合い方や対処法の他に不安やストレスを見方につけて行くことで、今とは違った見方を感じてもらえたらなと思います。

不安とはどんな感情

期待と恐怖を合わせた感情
不安はこれらの二つの感情がどちらが欠けても生まれてこない感情です。

今日の発表はうまくいくだろうか
実力を出せるのだろうか
うまく自分の意見をいえるのだろうか

自分の期待に対して、見えない結果に恐怖を感じていることが不安を感じる原因になり、その恐怖に対して、視野が狭くなることでストレスを感じてしまう状態

不安を強く感じた場合、息苦しくなったり、震えが止まらなくなってしまう人もいますが、これは、そういった反応をすることで身の危険を回避するという脳の本能的な反応です。

どういった感情かを理解すると向き合い方や対処に関して自分自身の答えが出てくるので、まずは今感じている不安を期待と恐怖に分類してみましょう。

向き合う

期待と恐怖を分けることができたら何に期待し、どんなことに恐怖を感じているのかを自分なりに整理してみましょう。

もし、考えるのがしんどいなって感じたら、思ったことを紙に書きだして、頭の中を整理してみるのもいいかもしれません。

頭の中で整理できたら、期待と恐怖と向き合い、どうして不安に感じているんだろうと考えてみてください。

そうしていくことで、不安とも向き合うことができるので、はじめのうちはあまり感じないかもしれませんが気持ちが少しづつ楽になっていくことでしょう。

感情と向き合うことは自分を理解することだと思っています。

理解ができれば不安を味方につけることもできるようになり、これまでにない自分になることができるかもしれません。

味方につける

不安を味方につける。
不安を期待と恐怖に分けることで、自分の中にある感情をなんとなく理解できたかもしれません。

しかし、理解するだけでは対処とは言えないでしょう。

不安を味方につけることで、今まで辛い思いを解消して自分にとっての幸せを手に入れるきっかけにすることができます。

不安を強く感じている人は期待より恐怖の方が強く感じている状態ですが、恐怖を感じるのは先の結果が自分の期待どうりになっていないかもしれないという思いから来ています。

ということは、恐怖の先には自分の期待以上の結果が待っている可能性もある

そうは思いませんか?

不安は見方を変えるだけで味方にすることもできます。

そうした考えを持つことで、結果を受け入れこれからの自分を変えていくこともできます。

結果を受け入れる

期待とは違う結果
期待通りの結果
期待以上の結果

行動の先には必ず結果がある。

不安と向き合うことから目をそらし自分を変える行動をしないことも、「何もしない」という結果になります。

人は本能的な部分から新しいことに挑戦することが難しいのも事実ですが、どんな結果にせよ、受け入れることができなけれな、今の自分を変えることはできませんし、不安への対処もできません。

しかし、どんな結果も受け入れ、その結果をよくしたいのであれば、対策を考えて次の新しい一歩を踏み出すか改善して行動することで、過去のイメージとは違った結果になることもあります。

まずは、結果を受け入れることがスタートです。

行動と修正

結果は行動によって出る答えです。
もし、その答えに納得できないのであれば、どうすれば不安の先に自分の望んだ結果があるのかを考えてみましょう。

その時に注意して欲しいのが、「問題は他人にではなく自分にあるという自覚」

自分の行動の結果は他人の影響ではないということです。

そうした考えを自分の軸にすることができれば、行動による結果を受け止めで、修正し、自分の望む結果へと向かっていくようになるでしょう。

不安を理解し、味方につけ、自分と向き合い、行動していき、修正していくことで、不安は自分の感情を動かす感動になっていくと思うので、これからの自分と向き合い自分の望んでいる結果を追い求めてみてください。

この記事のポイント
1、
不安はマイナスだけではない
2、
不安は期待と恐怖
3、
向き合い理解する
4、
不安は味方にもなる
5、
受け入れ自分を変える
6、
納得いかないなら修正

さいごに
今回は不安やストレスについて話してみました。
共感できることや共感できないこともあったかもしれませんが、何か一つでも自分と違った意見を取りいれてもらえると嬉しく思います。

人は不安によって、自分の可能性を広げることができずに精神的に辛い思いをしてしまうことも多いのではないかと感じています。

しかし、感情は自分の中にある可能性と向き合う原動力にもなるので、何か気付いたことがあれば、自分の感情と向き合い新しいことにも挑戦してみてください。

はじめのうちは、恐怖に負けそうになることもあるでしょう。

しかし、先ほどもお話しましたが、恐怖は見えない結果に対する感情なので、見えない結果が必ずしも悪い結果ではないと知ることで、不安に対する対処もしやすくなると思います。