このページに来てくれて本当にありがとうございます^^

暗号通貨と仮想通貨の違いは、疑問に思っているかたも多いと思います。

日本においては同じ意味で使われていますが、本来の意味で言うと暗号通貨も仮想通貨に含まれるので

このページではそんな暗号通貨と仮想通貨について話していこうと思います。

仮想通貨と暗号通貨の関係性

インターネット上でやり取りされるお金のことで、身近な仮想通貨で言えばLINEコインやiTunesカード、ゲーム内通貨などインターネット上で使うことができるものが仮想通貨です。
もちろん、暗号通貨も仮想通貨に含まれるので、大きな意味だと一緒ですが言葉としての意味で正確に表現すると仮想通貨=ビットコインなどではないことがわかります。

なぜ仮想通貨=ビットコイン

これはメディアによる放送で仮想通貨ビットコインと呼ばれたことによって、広まった呼び名です。
日本では仮想通貨ですが、世界的に見ると正確なのは暗号通貨と言う呼び方なのでこの呼び名も覚えておきましょう。

言葉の意味で分類すると
代替通貨の中に、
仮想通貨がありその中に
暗号通貨、ウェブマネーやゲーム内通貨など
このような関係性になります。

何か違いはあるのか

大きな違いとしては暗号通貨は日本円に交換できますが、ウェブマネーやゲーム内通貨に一度交換したら現金に交換することができません。
2018年に暗号通貨業界に参入したLINEでは現金に交換できるLINEペイなども出てきました。

さいごに

暗号通貨も仮想通貨の一部であり、大きな違いは仮想通貨のほとんどは現金に交換できないことです。
LINEのように今後、暗号通貨業界に参入してくる企業が増えてくる可能性もあります。
そうなれば、もしかしたら現金ではなくスマホで決済し、生活ができるようになるかもしれませんね。