このページに来てくれて本当にありがとうございます^^

ーこの記事はあくまでも個人的な意見なのでその事をご了承ください。ー

ビットコインとは2009年に開発され、当時1円以下でしたが利便性や技術が注目されるとともに一時は1コインあたり約200万円の価値があり、時代の経過とともに価値も上昇してきた1番始めの暗号通貨です。

ビットコインの仕組みをちゃんと理解しようとするとインターネット回線はどうなっているのかといった専門的な分野になるので
このページでは専門用語をなるべく使わずに簡単に説明していこうと思います。

ビットコインとは?

インターネット上で使う事のできる仮想通貨に分類される暗号通貨の一種です。
2008年にインターネット上に投稿された、個人間送金ができる仕組みが書かれた論文を基に2009年に快活されました。
ビットコインには私たちが普段使っている法定通貨である日本円と同じように価値があり、同じように毎日価格が変動しています。

法定通貨との違い

円やドルなどの国が発行している法定通貨には
国の信用によって通貨として使われていますが、ビットコインは国が発行しているものではないので自由度の高い決済手段だと言えます。

誰が発行しているの

ビットコインは特定の機関や国、個人によって発行されているわけではありません。
投稿された論文に興味を持った有志によって開発が行われました。
ビットコインの仕組み自体が決済機能と通貨の発行という特徴を持っているデジタルデータなのです。

安全性は?

国が発行していないから危険では?といった意見もありますがビットコインの仕組みにはブロックチェーンという技術が使わています。
この技術は私たちの生活を変える可能性をもつともいわれ様々な分野で注目されています。
このブロックチェーンは決済手段として致命的な問題である、二重決済やデータの書き換えなどの不正が行われにくい仕組みになっているので安全性も高いです。

さいごに

ビットコインをはじめ、暗号通貨には世界共通の単位があり、国の国境がありません。
他の暗号通貨も注目される中で機能面など、他の通貨に劣る部分があるのも事実ですが、
今後、バージョンアップが実装されうちに改善されると思うので、今後、価値の上昇も期待できるのかのと個人的には思っています。