このページに来てくれて本当にありがとうございます^^

暗号通貨はメリットやデメリットを知ることで、メリットで可能性を知り、
デメリットに対して対策も行うことができるようになり、安全性を高めることで資産を守りやすくなります。

メリット

少額の取引ができる
暗号通貨はマイクロペイントと呼ばれる少額の取引ができるので、インターネット上の決済に向いていると言えます。
 
個人間での取引ができる
第三者を通すことなく個人間でも取引が可能なので、個人に対しての寄付や募金などにも利用できます。

送金が便利
第三者を通さないので通貨によりますが、送金も比較的早いので送金にも便利です。

デメリット

価格の変動が激しい
暗号通貨はまだ市場が安定しないため価格の変動が大きいです。大きく利益が出ることもありますが、逆に大きな損失に繋がることもあります。

価値の保証がない
暗号通貨は人々の信用による価値なので、人々が要らないと思ってすべてを売却すれば価値はなくなります。
円やドルなどの法定通貨と違い国による保証がありません。

破綻リスク
暗号通貨は取引所で購入したり、売却はもちろん取引所で保有する人も多いですが、取引所に依存することになるので取引所が破綻した場合は暗号通貨を失う可能性もあります。

捉え方や対策

価値の変動が激しい
暗号通貨はまだまだ発展途上の段階です。
取引量が増えてくれば価格は安定してくるので、短期的な売買をするのではなく長期的に保有して暴騰や暴落を気にしないことが長期的な価値を生み出していくことになります。
価値の保証がない
日本の環境だけを見ると、日本円に対して信用するのはわかりますが、世界的に見ると国の保証と言っても国が破綻するケースもあります。
暗号通貨は世界中で持っている人がいる限り、価値があるので国による影響を受けません。
全ての暗号通貨ではありませんが、必要とされる通貨は価値がなくなる可能性は少ないと思います。

破綻リスク
暗号通貨を取引所に預けている場合、取引所が破綻してしまったら保有している暗号通貨はなくなってしまう可能性があります。
これは、銀行でも同じことですが、銀行であれば1000万円まで保証してくれますが、暗号通貨の取引所はそういった保証はありません。
暗号通貨には取り扱う企業向けのビットコインサイバー保険があるので、保証がされる可能性はありますが、取引所を複数に分けるなどして、対策をとっておくことが資産を守ることに繋がります。

今後

暗号通貨はまだまだ認知度が低く、今の認識では暗号通貨が広がることは予想できないかもしれませんが、
私は今後、必要とされる暗号通貨の価格は上がると思いますし、利用される機会も増え、私たちの生活にとって当たり前になる可能性が高いと思います。

さいごに

私は2015年から暗号通貨を持ち、メリットやデメリットはもちろん、実際に触れてみた経験から言うと、普段から使えるともっと便利になると思っています。
実際に決済を利用してみると思うんですが、アプリでの決済なので釣り銭の受け渡しなどでストレスを感じる人もこれならいいんじゃないかなと思ったのもひとつの理由です。
便利なものはこれまで進化し、広がってきました。
インターネット
携帯電話
SNS
今度は暗号通貨の番かもしれないと思っています。