このページに来てくれて本当にありがとうございます^^

暗号通貨という名前を聞いたことがあるけど、よく分からないと言った意見や怪しいと思われることがありますが、

特徴や仕組みがイメージできれば様々な可能性を感じることができるかもしれません。

本来であれば専門用語の理解がないと、説明しにくいのですが、なるべく専門用語などを使わずに簡単に説明していこうと思います。

暗号通貨とは?

2008年にサトシナカモトがインターネット上のサイトに投稿した論文から誕生しました。
その論文には第三者を必要としない取引システムについて書かれていて、その論文に興味を持った研究者や数学者によって、2009年に開発されました。

仕組み

暗号通貨は通貨によって仕組みは違いますが、基本的には取引データを1つの機関で管理するのではなく、様々な場所でデータを共有することで、データの書き換えや不正などができにくい仕組みになっています。

特徴

仕組みと同様に通貨の種類によって違いますが、通貨としての機能はもちろん、私達が普段している契約や土地の管理、データの用量の貸し出しなどがあるので、特徴と言えば応用できる場面が多いことが言えるでしょう。

参入企業

暗号通貨の持つ特徴や仕組みに興味を持った企業もあり、出資はもちろん決済手段として導入やプロジェクトに参加している企業もあります。
全てを紹介すると長くなるので皆さんが聞いたことがあるような企業などに絞ってお話しします。

ドコモ→コインベース
リクルート→ビットフライヤー
楽天→ビットネット

ビットコイン、
ビックカメラで決済可能
DMMドットコムで決済可能

イーサリアム
トヨタが参加

リップル
日本の61銀行がコンソーシアムに参加

など他にも様々な企業が出資したり導入しています。

さいごに

暗号通貨の仕組みや特徴は分かっていくと私たちが普段身近に接している事が便利になっていく可能性が高いと言うことがイメージできると思います。
今は当たり前になっているスマホもガラケーが技術の進歩で発展したものですし、現金の支払いからスイカやnanacoなどの電子マネーが利用できるようになったのも技術が進化することで変化してきた結果なのです。
暗号通貨は今後、国境のないお金としてはもちろん様々な分野での利用などにも期待ができます。