このページに来てくれて本当にありがとうございます^^

これからのお金や世の中の常識を変える可能性を秘めている

それが暗号通貨です。

通貨としてだけではなく様々な分野で注目している暗号通貨ですが、一般的に注目を集めたのはなんといっても価値の変動だと思います。

2009年に誕生した暗号通貨ビットコインは当時の価値は1ビット約0.7円で無価値に等しかったのですが、少しずつ注目され過去最高値は1ビット辺り約200万円の価格になっていました。

暗号通貨とは?

仕組みのなかに暗号を使うことで安全性を高めた仮想通貨の一種で代表的な暗号通貨にはビットコインやイーサリアム、リップルなどがあり、
お金と同様に商品の購入などに使うことができるのはもちろん通貨によっては契約や送金時のコストダウンなどができることで注目を集めています。

特徴

暗号通貨はインターネット上で稼働しているデータなので、通貨によりますが送金が比較的早く、手数料も比較的安いのが特徴です。

暗号通貨はまだ発展途上なので送金時間や手数料は、取引の集中やレートによって変化するので、送金時に確認しましょう。

私が過去に使った経験で言うと、送金に最高で約1日、手数料でビットコインだと約1000円かかりましたが、安いときだと手数料は約50円くらいで、送金も約10分程度だったので今後に期待しています。

安全性

暗号通貨はその名称に暗号と使われていることから怪しいと思われがちですが、暗号は安全性を向上させるために必要なもので身近な暗号でいえば銀行の暗証番号やLINEなどのパスワードなども暗号に含まれます。
他にも、インターネットの通信など様々な分野で暗号は使われています。
暗号通貨は通貨としての特性も持っているので安全性が求められているなので、暗号技術が使われているのです。

今後

暗号通貨については賛否両論ありますが、今後普及する可能性は高いと私は思います。
送金時間や手数料なども、新しい技術が組み込まれることで改善する動きもあります。
緑と黒の画面からスマホに進化した携帯などの通信機器の他にも電子マネーの普及や進化などを見ると、お金の形も変化するでしょう。

さいごに

暗号通貨は激しい価格変動からギャンブル的に見られることも多いですが、それは一部の見方にしか過ぎません。
本当に見るべきなのは各暗号通貨の可能性です。
可能性があるから価格が変動しているので、価格だけを見るとこれから上がるからと根拠のない誘惑に騙される可能性が上がります。
暗号通貨の市場はこれからも上下しながら価値は認められてくると思いますが、未来のことはわかりませんが、私は可能性が見えたから2015年の11月から保有しています。