今回は劣等感を感じてしまう原因はいったいどんなところに原因があるのか?
劣等感を持ってしまった場合に克服する方法について書きたいと思います。

劣等感はそもそもどういった状態になったときに感じてしまうのでしょうか。

多くの人は他人に対して劣等感を感じているのかもしれませんが、劣等感の正体とは理想とのギャップによって起こるもので、劣等感の正体を知ることで克服することもできるので、その一歩を踏み出すためにも一緒に解決の方法を探していきましょう。
SNSで劣等感を感じてしまう人はこちら→SNSで劣等感を感じたり他人と比較してしまう人たちへ

生まれ持った劣等

劣等感を感じてしまう理由の一つ目は遺伝的な原因や環境などによって生まれる劣等感について話していこうと思います。
生まれ持って感じてくる劣等感は身体的、精神的な部分を感じているかもしれませんが、そういったことは自分の力では変えられないものも現実としてあります。
しかし、人は時間と共に進んでいるので、過去にとらわれることより、これからどうしていくのか、何かできることはないのかの答えを自分なりに見つけていくことで生きる意味を感じることができると思います。

自分の感じる劣等

劣等感は多くの人が他人に対して感じていると思いますが、劣等感は他人ではなく、理想の自分とのギャップが生んでいるものだということを知っておいてもらいたいと思います。
人は他人のしていることにたいして自分は他の人に比べて劣っている、つまり、他の人ができていることができていない自分に対して劣等感を感じているのです。
こういった劣等感は自信がない人や行動できない人に多くいる印象です。もし、自分が劣等感を感じてしまっtらまずは自分がどうなりたいかを考え、その考えた理想の自分になれるように行動してみましょう。

他人にひけらかす劣等

劣等の中でもっともやっかいな感覚だと思うのが自分が持っている劣等感を他人にひけらかしてしまう行動を取ることです。
人は誰しも劣等感を感じていると思いますが、その劣等感を他の人にもひけらかすという行動を取ることで注目を集めようとしたり、被害者意識を前面に出したりします。
多くの人は意識、無意識に関係なく誰かに認められたいと思っているでしょう。
しかし、ひけらかす行動によって認められたとしてもそれは一時的なことなので、長期的な解決にはなりません。
今自分がどんな状態でどんな風になりたいかを考えることでひけらかす行動を変えていくことができます。

劣等感を克服する

劣等感を克服する方法としてはまずはじめに紙に書き出すことだと思っています。
人は頭で考えたことや新しく知った知識などを忘れやすいので、今の状態や感情、どうなりたいのかを紙に書き出して、その理想の自分になっていくためにはどうすればいいのかを考えてその考えも合わせて紙に書き出します。
その紙に書いたことはもちろん書き直してもできるように鉛筆やシャーペンで書くと気軽に書いていけるので試しにやってみてください。
紙に書き出したらあとはそれらを実行していくだけです。はじめのうちはこれまでの生活習慣があるので大変な時期もありますが、行動を起こしていくうちに慣れてくるので、自分で決めたことを毎日少しづつやってみましょう。
(今後の記事でやる気がなくなった時にやる気を復活させる方法なども書いていこうと思います。)

さいごに

私も以前は劣等感に悩まされていました。
しかしm劣等感は他人に感じているものではなく自分自身のギャップに苦しんでいる姿なんだと知り、自分が変わることでこの悩みから解消される可能性を知りました。
それから時間はかかりましたが現在では劣等感を感じることもかなり少なくなっていきました。
理想の自分になっていく行動をしていれば劣等感も少なくなっていきますし、行動による自信もついていきます。
そうして得た自信はあなた自身を満たすことにもなり、ストレスを感じることも少なくなると思うのでまずは行動してみてください。