このページに来てくれてありがとうございます^^

自分の言葉が伝わらない。
相手の言っていることが理解できない。
話がなかなか続かない。

一度はそんなふうに思ったことがあるでしょう。

ストレートに伝えるとそれはあなたのコミュニケーション能力の問題です。

今回は私の知っているコミュニケーション能力を高めるための方法をお話ししようと思うので、
最初は難しいかもしれませんがやってみてください。

人間関係関係はなぜうまくいかないのか?

結論から言うと人は自分の考え方に縛られているので、物事を自分なりの解釈でとらえているからです。

人はそれぞれ違う環境で育っているので、考え方は似ていても同じ考えの人はいません。

しかし、人は無意識のうちに自分が正しいと思ってしまうのです。

この自分が正しいと思う考えこそが人間関係がうまくいかない原因なので、この考え方を見つめ直し
あらたな捉え方をすることでコミュニケーション能力を高めることができます。

相手の言いたいことを理解しようとする

言葉は過去の体験を言語化しているので、人によって伝わり方が違います。

例えば、子供の頃によく遊んだ場所はどこですかと聞いた場合、
私のように公園でよく遊んでいる人もいれば、森や川で遊んでいた人もいるでしょうし、中には海外でバスケットをしている人もいるかもしれません。

人は体験によって言葉を発しているので、言葉の受け取り方に違いがあるのは当然なのです。

まず、このことを理解して相手の言いたいことに耳を傾けてみましょう。

言葉は表面的に出てきますが、あなたの受け取り方と相手の伝えたいことに違いがあるだけなのかもしれないので、
少し意識するだけでもかなり気持ちが楽になると思います。

人間関係をよくする為のテクニック

相手の言いたいことを理解する為のテクニックとして有名な方法で、バックトラックとイエスバット法というテクニックがあります。

バックトラックとは、日本語でいうとおうむ返しとも呼ばれていて、相手のいうことを繰り返すことで心の中でイエスを引き出す方法
人間は話を聞いてもらうことで喜びを感じる人が多く、バックトラックを使い相手の話を聞くことで相手に心を開いてもらうきっかけになります。

しかし、バックトラックを使いすぎると相手の話を遮ってしまう可能性もあるので、話を聞くテクニックとして試してみてください。

イエスバット法はケンカ腰できてしまった場合や、複数の抗議などにたいして使うことができます。

相手の意見に対して反論するのではなくはじめに相手の主張を全面的に認めることで、
こちらの言いたいことを主張を聞いてもらうようにすることで、あなたの意見を聞いてもらいやすくする方法です。

どちらの方法も実践的で効果的なテクニックですが、使いすぎると状況によっては相手を不快にしたり、信用を失ってしまう場合もあるので、
相手の意見を聞く為のテクニックだということを忘れないようにするといいでしょう。

ますは自分を変える

人間関係をよくする為にはまず、自分を変える覚悟が必要だと私は思っています。

その理由は、降ってくる雨に止んで欲しいと思っても雨は降り止まないように相手を変えることは不可能だからです。

ですが、あなたが変わっていくことができれば相手の見方は変わっていくので、結果としてコミュニケーション能力を高めることにもつながります。

自分を変えることは最初は辛いかもしれませんがその辛さを乗り越えた先にあなたの望む未来が待っている可能性は高いと思います。

さいごに

人間関係は多くの人が抱えている悩みだと思います。

そんな悩みを解決するきっかけとしてこのページで紹介したことを試してみてください。
最初はぎこちなく、自分に馴染まないかもしれませんが、最初のうちはそれが当たり前ですし。私もそうでした。

ですが、少しづつでも慣れていくことで変わっていく瞬間を体験することがあると思うので、体験した時はその時の感覚を覚えておいてください。

最後まで読んでくれてありがとうございました^^