自信をもて
そう言われたことが一度はあるかもしれません
とはいっても自信について話してくれている人はほとんどいないのではないでしょうか?
今回は自信を持つことのきっかけを知り自信を持つことができるようになるかもしれない方法を

根拠のない自信
行動でつく自信
好きなことでつく自信
認められるための自信

この四つの自信に分けることでできるだけわかりやすいように話していこうと思います。

根拠のない自信

根拠のない自信は自分だったら何でもできると思う自信で、一般的に言えば変な人かもしれません。
しかし、根拠のない自信を持っている人は行動に移しやすい人が多いので自分の思ったことを実現しやすい人と言えるでしょう。
そんな根拠のない自信を持ちたい人は自分はなんでもできるという思い込みから始めるといいかもしれません。
人の脳は現実とイメージの区別がつきにくいため日頃の習慣で考え方も変化していき根拠のない自信を持つことができるようになる可能性も高くなります。

認められるための自信

認められるための自信はできない自分を信じてしまうきっかけになってしまうことになる自信です。
自分に自信が持てないと思い込んでいる人の中には認められるために無理をして自信を持とうとしている人もいます。
しかし、認められるための自信は人のためであり、自分の心を満たすものではないと私は思っていて、同時に劣等感を感じることにもなるので認められるための自信は手放すことを考えていきましょう。
認められる自信を手放す方法は、ありのままの自分をまず受けいれる考え方を持ち、その考えに慣れてきたら自分を受け入れてみてください。
そうしていくうちに他人依存である認められるための自信を手放すことができるようになっていきます。

行動でつく自信

行動によってつく自信は何かを成し遂げていくうちについてくる自信です。
日々の生活の中で人は様々な行動をしていますがそれらの行動の積み重ねが自分を信じる自信に繋がっていると言えるでしょう
行動でつく自信をつけたい場合はとにかく自分がやりたいと思ったことをやってみることです。
新しく何かをするための行動を始める場合は多くの人が恐怖を感じてしまい、行動をすることができません。
しかし、その恐怖を乗り越えることで行動による自信もついていきます。

好きなことでつく自信

絵を書いたり、ゲームをしたり、スポーツをしたり自分の好きなことをしていく中で生まれていく自信もあります。
自分の好きなことに対する自信は人に否定的なことを言われても、揺らぐことが少ないと言えるでしょう。
好きなことで自信が持てない人はとことんやってみることです。
もちろん自分の生活に支障が出ない程度ですが、できる時間が限られているのであればその中でできる方法を探し、やっていくことで好きなことで自信をつけることもできるようになっていくでしょう。

さいごに

自信を持てない人は、できる自信ではなくて、できない自分を信じているのでまずはその考えを手放して、なりたい自分に必要だと思うことにたいして恐怖を乗り越えて行動に移してみてください。
そうすることで少しづつかもしれませんが自信を持てるようになっていきます。そうしていけば自分の思いを伝えることもできるようになっていきます。
自分の思いを伝えられるようになってくれば自分の思ったことを実現する可能性をあげることもできるので、
できない自分を信じることをやめて、ありのままの自分を信じるということでなりたい自分に近づいてみてください。