このページに来てくれてありがとうございます^^

人はなぜイライラするのか?
このページではイライラしてしまう原因と今からでもできる対策について話していこうと思います。

なぜイライラするのかを考える

人間の脳は三階層に分かれており、脳の捉え方によって状態が決定されています。

イライラしている状態は1973年にポールマクリーンが発表した三階層の二番目の状態と考えることができ、二番目の層は感情脳とも呼ばれていて、感情的に物事をとらえてしまう状態です。

例えば
物にぶつかって感情的になってしまったり、人間関係がうまくいかなくて感情的になってしまうことです。
このイライラを溜め込んでさらに状態が悪化すると一番下の階層の反射脳とも呼ばれている状態に移行します。
反射脳は短期的な解決を選択するので、物を破壊したり、人に対して暴力をふるってしまう場合もあります
よく言う、カッとなった状態です。
この状態になってしまうと冷静な判断ができなくなるため、冷静な状態に戻った時に後悔してしまう場合が多いのはそもそも脳の状態の違いと言える

日常にあるイライラの原因を探す

ストレスによってイライラしてしまうのであればその原因を探すことがイライラしないための第一歩になります。

イライラには様々な原因がありますが、まずは自分が普段からイライラしてしまうことを書き出すことをオススメします。

冷静な状態でイライラを書き出すことにより、自分をより客観的に見ることもできるので、効果的な方法だと思うので試してみてください。

イライラしない状態を作るために必要になるので、隣は空白を作っておいてください。

例えば、
本が崩れる
物が見つからない
性格が合わない人がいる
睡眠不足

イライラをしない状態を作る

イライラしてからではなく、イライラしない状態を作り出すことを私はオススメしています

イライラしてからの解消方を聞く人が多いですが、起こったことに対して対策を繰り返すより、イライラしない状態を作ることの方が大事なことだと考えているからです。

慣れるまではイライラの原因によっては時間がかかる場合もありますが、これからの人生を変えるためにも行動してみるといいかなと思います。

まずは先ほど書き出したイライラの原因の横に対策を書き出します。

例えば、
本が崩れる、本を整理する
物が見つからない、部屋の整理整頓する
性格が合わない人がいる、性格とは一体なんなのかを知る
睡眠不足、睡眠不足になる原因は何かを考える

最初は思いつくことで構いませんので、とりあえずなんとなくでいいので書いてみてください。
対策は調べていくうちにあなたにとってより具体的になっていくので、まずは一週間意識してみてください。

それでもイライラしてしまったら?

最初のうちは対策していてもイライラしてしまう場合もあります。

そんな時は冷静さを取り戻すためにできることをするのも効果的で、冷静さを取り戻す方法として効果的なのは、瞑想と運動です。

瞑想は5分程度でも心を落ち着かせることができ、運動はその運動自体に集中していくためイライラの原因を取り除くこともできます。

他にもあなた自身が思いついてことでもいいのでどうしてもイライラしてしまった場合はその方法を試してみるといいと思います。

さいごに

イライラはコントロールすることでなくすことのできますが、そのためには自分を知り、相手を知ることがもっとも重要なことだと私は思っています。

行動を意識的に変えていくことで周りの環境が変わっていきますし、物の捉え方も変わっていきます。

人の変化はすぐに目に見える結果として現れないこともありますが、考え始めた瞬間から人は変わり始め、行動することによって変わっていくには間違いないです。

自分を変えることは最初は辛いかもしれませんが、このままイライラして辛い人生を送るよりも、
イライラしない自分になって人生を生きていき方が楽しい人生になる可能性が高いと私は思います。

最後まで読んでくれてありがとうございました^^