このページに来てくれてありがとうございます^^

話しているとつい張り合ってしまう
張り合ってしまう事によって相手との関係がうまくいかない

そういった経験をした事がある人もいるでしょう。

なぜ人は張り合ってしまうのか

今回は人と張り合ってしまう心理や原因について話していこうと思います。

人に認められたい

張り合ってしまう心理として誰かに認められたいという承認欲求があると私は考えています。

そもそも人に認められたいと思う気持ちがなければ人と張り合う必要がないからです。

人はそれぞれ育った環境も違えば見てきた世界も日常的に聞いてきた言葉も違っているので、性格や考え方も違って当然なのですが、
自分は正しいと人を評価してしまう事もあります。

人に認められたいという思いが人と張り合ってしまう原因の一つだと言えるでしょう。

負けたくない

自分と誰かを比べて負けたくない

負けたくない気持ちは何かを達成するために必要になる感情でもあるのですが、
一歩間違えば張り合う事にもなり相手を傷つける言葉や行動にもなりかねません。

つい張り合ってしまうのは相手に負けたくないからという気持ちが行動にでてしまっていると言えるでしょう。

負けたくないと思っているのならば張り合うのではなく自分を磨けばいいだけです。

言葉では簡単ですが、自信をつけるという事は自分を見つめ、行動によって変化させる事です。

自信がない現れ

張り合ってしまう人の多くは自分に自信がないのかもしれません。
そもそも自信があるのならば人に何を言われても張り合う必要がないからです。

張り合ってしまうという事は自分に自信がないという自分からのサインなのかもしれません。

そのサインを受けてどうするかはあなた次第です。

自信がないのを受け入れて張り合っていく人生を生きていくのか

それとも

自信を持ち人と認め合いながら互いを高めていくのか

どうするかはあなたの選択です。

張り合うのではなく認める

人に対してつい張り合ってしまう、もし、その事に悩んでいるのなら
その行動はあなたにとって感情表現の一つなのでしょう。

それ自体は悪い事ではないと私は思います。

しかし、張り合ってしまうことが自分を傷つけてしまうならその考え方を変える必要があるかもしれません。

その考えとは、相手を認める事です。

人はそれぞれ考え方は違います。その違いを認める事ができれば、張り合う必要もありませんし、互いに認める事ができれば
内容にもよりますが、新しい考え方も生まれやすいので、まずは、認めるという考え方もあるんだという事を知っておいて欲しいと思います。

さいごに

張り合うという事は、相手の意見を聞き入れにくい状態とも言えます。
しかし、相手を認めることができれば、あなたにはないかもしれない意見を取り入れて思いもよらない発見があるかもしれません。
人の違いを認めるという事は自分を見つめ直すきっかけにもなるので、今日から認める事を始めてみてください。

最後まで読んでくれてありがとうございました^^